こんなものまで

日々様々な大型機械を使う工場の中では、あらゆることを監視対象に置いています。
その中でも一般に知られていないのが、所謂振動監視というものです。
機械がどの程度振動するのか、どの程度の振動に耐えれるのかをチェックしなければ、業務の途中で突然壊れるということもあります。
このため、振動監視というものは、皆さんが思っているよりも大変重要な監視業務なのです。

では、その振動監視というものをどうやってするのかを紹介していきます。
まず、振動監視には加振器と呼ばれる振動をおこす道具を使っていきます。
この加振器を使って振動をおこし、その振動が機械にどのような影響を出すかというのを監視しているわけです。
もちろんこの加振器の振動で大きく機械が乱れるようなことがあれば、その理由を解明し、未然に被害を防ぐことになります。
工場というのは思ったよりもとても振動が大きい場所で、機械が稼働中の間は絶えず振動が確認されます。
その振動により機械が微妙に故障していき、大きな被害に繋がる恐れがあります。
そのため加振器を使い振動を計測することにより、機械の耐震性等をしっかりと見極めることが重要となってきます。

加振器は工場意外でもあらゆることに使われるため、最近ではかなり注目されているモノです。

外部おすすめサイト